ハチとは

ハチ(蜂)とは、昆虫綱ハチ目(膜翅目)に分類される昆虫のうち、アリ(ハチ類ではあるが、多くの言語・文化概念上、生活様式の違い等から区別される)と呼ばれる分類群以外の総称。
ハバチ亜目の全てと、ハチ亜目のうちハナバチ、スズメバチ等がこれに含まれます。

生態

国内には、スズメバチ種16種、アシナガバチ種11種が分布しています。これらのほとんどはが自然環境下に生息しており、人の生活圏内に生息し、刺症など害を与える種は限られています。主な種類は、キイロスズメバチ、コガタ
スズメバチ、フタモンアシナガバチ、セグロアシナガバチ、キアシナガバチなどで、人家の軒下、屋根裏、庭木の枝などに営巣するので人との接触する機会が多く、近年では、都市の郊外に住宅地が進出しているので、庭木の手
入れなどの際に刺されるケースが増えています。

被害

ハチに刺されたことが原因で死亡した人の数は,厚生労働省の人口動態調査の結果で知ることができます。大部分がスズメバチによるものと考えられ、一部アシナガバチ等によるものも含まれています。
2014年分の統計結果が2015年9月3日に発表されました。ハチ刺傷による死亡者は14人で、昨年の24人から10人減少し、男女別の内訳は男性9人、女性5人となっています。最も死亡者が多かった1984年には、全国で73人が
亡くなっていますが、最近は毎年20人前後となっています。
10年ごとの死亡者数をみると、1985年からの1994年までの10年間では351人でしたが、1995年から2004年までの10年間では277人、2005年から2014年までの10年間では189人と着実に減少しています。
男女の割合は男性が多く、2005年から2014年まで10年間のデータをみても、男性149人に対して女性40人と男性が圧倒的に多くなっています。
最近10年間の死亡者数を年齢階層別にみると、70歳代が58人、30.7%を占めて最も多くなっています。以下、80歳以上が48人、25.4%、60歳代が435人、22.8%、50歳代が30人、15.9%の順となっており、高齢者が多いという
特徴があります。

ハチ駆除・ハチ駆除
12,800円~ 

 お気軽にお問い合わせください TEL 0120-375-477 午前 9 時 ~ 午後 7 時 30 分 (年中無休)
所在地 〒354-0026 埼玉県富士見市鶴瀬西2-2-21 堀内ビル101
TEL 0120-375-477
営業時間 午前 9 時 ~ 午後 7 時 30 分 (年中無休)
エリア 埼玉県,さいたま市,川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市,北足立郡,入間郡,比企郡,秩父郡,児玉郡,大里郡,南埼玉郡,北葛飾郡,杉戸町,松伏町 東京都,練馬区,板橋区,北区,足立区,葛飾区,
PAGETOP
Copyright © 害虫駆除インフォメーション All Rights Reserved.