シロアリとは

シロアリ(白蟻)は、昆虫綱ゴキブリ目シロアリ科 (Termitidae) 、あるいはシロアリ目の昆虫の総称)。

シロアリは主に枯葉や朽木などを食べる社会性昆虫で、熱帯から亜寒帯まで、陸上のほとんどの地域に分布し、熱帯に種数が多い昆虫です。いわゆる蟻塚のほとんどは、シロアリによって作られます。
ヤマトシロアリ、イエシロアリのような下等シロアリとキノコシロアリのような沖縄以南に分布する高等シロアリおり、家屋に被害を与えるのは下等シロアリです。

木造家屋などに棲みつき木材やコンクリート、プラスチック、動物の死骸などを食い荒らす害虫として忌み嫌われていますが、自然界においてはセルロースの分解に携わる重要な働きを持つ有益な昆虫です。
近年ではシロアリの消化器官内の共生菌によるセルロース分解プロセスがバイオマスエタノールやバイオガスの製造に役立つ事が期待され、研究が進められています。

生態

シロアリはすべて巣穴を作り、その中に王と女王が滞在し、働きアリが餌を運びます。巣穴は餌となる材の中に作るものや地中に作るものが多いですが、熱帯や乾燥した草原のものは、地表に盛り上がった蟻塚を作るものが多い
です。蟻塚は土や自身の排泄物などでできており、一つの蟻塚には数百万匹棲んでいる。塚の壁は厚さ15㎝に達するものもあり、高温や乾燥から中のシロアリを守ってくれています。
蟻塚には直径5mmほどの穴がいくつも開いていて、働き蟻は塚の外に出て、枯れ木、枯れ葉、その他の植物遺体を摂食するものが大部分だが、熱帯には地衣類を食べるものも存在します。

高等シロアリと呼ばれるシロアリ科のシロアリには他のシロアリとは違った生態のものがおり、その中にはキノコを栽培するシロアリもある。それらは食べた枯れ木や枯葉を元にしてキノコを栽培する為の培養器を作り、それを
入れるための巣穴も作ります。日本では八重山諸島に分布するタイワンシロアリが地下に巣穴を掘り、そのあちこちにキノコ室を作ります。

樹上生活をするシロアリもいます。八重山諸島に生息する高等シロアリで、タカサゴシロアリという蟻がいます。
樹木の幹に頭大の丸い巣を付け、餌は近くの枯れた幹で、働き蟻がそれをくわえて運び込みます。熱帯では、地表の枯れ木や枯葉を主として持ち込むものもあり、それらは巣穴から働きアリが地表を歩いて取りに行きます。

巨大な蟻塚

被害

木造住宅においては、建物のすべての場所で被害が起こる可能性があります。
なかでも特に多く見られるのは、湿度の高くなりやすい、浴室、トイレ、流し等水まわりの土台、柱、枠、敷居、玄関や勝手口の枠、框(かまち)、下駄箱などです。 雨漏り、水漏れがあると梁(はり)や屋根の構造体にも被
害が起こります。
また、建物の外ではウッドデッキや木製の柵、植木の木杭などにもよく被害が見られます。

ヤマトシロアリの被害の場合、玄関や水まわり近くなどは特にシロアリの被害のほかに腐朽が進んでいることが多いので、体裁の面からリフォームが必要なことがあったり、建物を支える構造部材が被害を受けた場合は大がかり
な補強が必要になる場合もあります。しかし、建物を建て替えなければならないほどの被害は、長年にわたってシロアリ被害を放置しない限りほとんど起こりません。
イエシロアリの被害の場合は被害の進行が早く、また激しいため、被害を発見したら可能な限り早急に駆除をしないと、建物に深刻な被害を及ぼします。
いずれにしてもシロアリの被害が疑われるときは、専門家によるチェックと対策を行うようにしてください。


被害の事例

シロアリ駆除・シロアリ駆除
1,200円~/㎡~(4,000円/坪~)

 お気軽にお問い合わせください TEL 0120-375-477 午前 9 時 ~ 午後 7 時 30 分 (年中無休)
所在地 〒354-0026 埼玉県富士見市鶴瀬西2-2-21 堀内ビル101
TEL 0120-375-477
営業時間 午前 9 時 ~ 午後 7 時 30 分 (年中無休)
エリア 埼玉県,さいたま市,川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市,北足立郡,入間郡,比企郡,秩父郡,児玉郡,大里郡,南埼玉郡,北葛飾郡,杉戸町,松伏町 東京都,練馬区,板橋区,北区,足立区,葛飾区,
PAGETOP
Copyright © 害虫駆除インフォメーション All Rights Reserved.