アライグマ

 
アライグマの特徴
アライグマはタヌキやキツネなどの日本の在来動物とは異なり、カナダなど北米原産の外来種です。
大きいものはタヌキとよく間違えられる。全体的に茶色い色をしており、縞模様になった大きな尻尾が特徴的。

名称の由来は前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が手を洗っているように見えることから。
その仕草や見た目の愛らしさが話題となり、ペットとして日本国内に持ち込まれました。
しかし、幼少期においては人に懐くものの、成獣のアライグマは想像もできないほど凶暴であり、また、手先の器用さもあり多くの固体が放流、脱走。
日本の気候に順応し、野生化しました。当時の日本ではこうした外来種問題への意識が低かったのも、アライグマの野生化に繋がりました。

アライグマによる害獣被害報告は日本全国各地で報告されています。また、その例も年々増加しています。
アライグマは農作物や畜産飼料を食害する農業被害から、人の生活環境に悪影響を加える生活環境被害や野生生物への悪影響を加える生態系被害などを引き起こします。

農業被害では蜜柑、柿、葡萄、梨などの果物や、西瓜、スイートコーン、ミニトマトなど甘みのある野菜の食害が頻繁に報告されています。
また、畜舎や飼料小屋に侵入し、牛などの配合飼料を食い荒らすだけでなく、糞尿を排泄するなど衛生的問題を起こします。

さらに、危険な病原菌や寄生虫を保有しています。
アライグマを宿主とするアライグマ回虫は人間に感染すると脳に達して急性障害を発生させる危険な寄生虫です。
日本での報告例こそありませんが、1980年代の米国では小児の死亡例があります。
狂犬病、レプトスピラ菌など、その他にも人畜共通感染症を多数保有しており、大変危険です。

両生類、爬虫類、魚類、鳥類、哺乳類、昆虫類、 甲殻類、その他の無脊椎動物、植物と食性は非常に幅広い雑食。
家屋内の天井裏、屋根裏等で活動。夜行性で、昼間は樹洞や巣穴、家屋の屋根裏、作業小屋、廃屋で休息する。
ねぐらとして利用することによる汚損が報告されており

人工的な環境下での寿命はおよそ14年。
こんなことがあったら要注意!

 お気軽にお問い合わせください TEL 0120-375-477 午前 9 時 ~ 午後 7 時 30 分 (年中無休)
所在地 〒354-0026 埼玉県富士見市鶴瀬西2-2-21 堀内ビル101
TEL 0120-375-477
営業時間 午前 9 時 ~ 午後 7 時 30 分 (年中無休)
エリア 埼玉県,さいたま市,川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市,北足立郡,入間郡,比企郡,秩父郡,児玉郡,大里郡,南埼玉郡,北葛飾郡,杉戸町,松伏町 東京都,練馬区,板橋区,北区,足立区,葛飾区,
PAGETOP
Copyright © 害虫駆除インフォメーション All Rights Reserved.